和歌山の出会いは私にとって喜びです
0

    それは和歌山の出会いなことです
    結局のところ、子供の成長は親にとって喜びです〜
    ちなみに、いつもの7月が過ぎて終わりました(笑)。


    五島勉、今年の6月になくなったとおっしゃいました!

    つまり、それまで生きていたのです(笑)


    「ノストラダムスの大予言」という本の中で
    大会社6年生の時、担任の先生にハマっていました。
    和歌山の出会いは教室で熱心に声を出して読んだ(おそらく道徳)。
    生徒たちは真剣に内容を聞いていました。

    私は1980年に6年生でした、
    1999年まで残り19年。
    和歌山の出会いは間違いなく生きています! !!
    私は人類の滅亡の時に立ち会います。
    痛いですか?痛いの?
    それを感じた直後、私は恐怖の大王に一瞬で全滅するのでしょうか?

    怖いですが、少しエキサイティングです。
    私はファンタジーとノンフィクションの間を行ったり来たりしました。

    posted by: wakayama98 | - | 10:40 | comments(0) | - |