和歌山の家で出会いはありません
0


    もう少し
    家を出る

    ある意味で和歌山
    取得しながら


    冷たい男
      申し訳ありません

    私はたくさん投げています
      申し訳ありません

     和歌山に乗せて
    まったく食べませんでした

    指を口に乗せて
    一度

    和歌山 出会い

     

    彼は私を食べた

    チャオチュル

    もっと食べるかもしれない
    息子が持っていた

    段ボール箱の中
    落ち込んで落ち着いたら
    家に帰ると思った
    和歌山に戻ってきた

    もう少ししかいられない
    おもう
    もう少し一緒にいたい

    これは
    離婚事件
    この黒猫の生活を考える
    ささいなことで
    考え始めたかもしれません

    そして
    そう思うべきだと思う

    posted by: wakayama98 | - | 16:00 | comments(0) | - |