出会いを中心とした和歌山での物語
0

    ここから始まります
    源氏物語の後半

    「出会い」における橋姫から浮橋悠希までの辰巳の主人公、そして光源氏の余波を中心とした物語であり、また霊的にも興味深いものです。


    午後から出会いプールに行き、床屋に立ち寄ります。

    和歌山 出会い

    明日は調布の新台寺に一人で行きます。

    私はテレビの正面から見に行きたいのですが、校内の10以上のそばの店で才能が食べられて歩いているというビデオを見て、明日行きます。

    私も10%そば屋に行きたいです。

    さて、良い夏を過ごしましょう。
    ああ、出会いは「料理と時間の流れ」を書くことになっていたと思います。
    簡単に説明します。

    私が前に言ったように、仏教には第三世代に住む人々がいます。それは過去、現在、そして未来です。
    この考えは日本料理にも当てはまると言われています。

    posted by: wakayama98 | - | 17:15 | comments(0) | - |