和歌山の出会いにタイトさを感じる
0


    私はタイトさを感じるのにそれがとても好き
    和歌山の出会いあなたは自分の名前さえ話せない
    私が見た私の顔を見ると
    私の開いている唇がブロックされている
    …大丈夫です
    言葉からの和歌山の出会い

    そしてまた抱きしめて
    和歌山 出会い

    暖かいままのシーツの上に横たわる
    あなたの指であなたの顔に私の乱れた髪を避ける場合
    触れた冷たい指から熱が伝わる
    ほこり...と私の体の後ろが痛んでいた、私は私が尋ねたように抱きしめた
    世界の誰もが許可されていなくても
    あなたを許すから
    秘密よりも束甘い間
    織る時間が暗いにもかかわらず

    溶ける和歌山の出会い、注がれる情熱
    私を永遠に悲しくさせる
    私はあなたを一人にしたい
    なぜ私はあなたのことができないのですか?

    喜びの余波に漂いながら
    あなたは優しく私の額にキスをする

    posted by: wakayama98 | - | 17:13 | comments(0) | - |