毎日感謝する和歌山の出会い
0

    私は毎日毎日深く感謝しています。私はそう感じました。今から8時まで私は思ったほど寝ることができません。何も考えないと、耳の後ろが熱くなります。今日は夜明け前に目を覚ました。私は机の上に座って、コーヒーを飲んできれいに整えた。ただ時計の音が聞こえる。雨の音がないので天気は良くなるのだろうか?私は和歌山の出会いフルート私は青森ツアーに買ってきました。楽しかったです。明日Tsugaruのサウンドを試してみましょう。誰かが "word magicia私が目を覚ますと、私はその日だけ暮らし、昨日は永遠に消えて、明日は夢に過ぎないだろう。私は良い人生のために今日生きるだろう。 "単語があります。それは長い間生きています。私も単語を使用しています。私は"生きる力 "を与える努力を続けています。友人から、和歌山の出会い熱い人や最初の人(弱い人と思われるかもしれません)しかし、長い関係の視聴者から「言葉の指揮者」と私は深く感動して、

     

    和歌山出会い

     

    そのような名前をつけてとても幸せです。私が知っているので、私はそれを感じる "私はそれが感じる私はそれが感じる私はそれを感じる40の50に行くと、失われないでください。 「画家は長い間生きていなければ良い仕事をすることができません。私は最近見たように絵を描くことができます」和歌山の出会い(画家、富岡天才)文学にも多彩なものになったので、私は近づけることができました「死の恐怖を味わうには、私たちがまだやらなければならないことはない」(ムシャオジ・ムシオ)私は恐れることはない、恐れはないが、 「もう20年か80年であっても、とにかく勉強をやめたのは老人です」(Henry Ford)私はあなたと一緒にいます。私は死ぬまで練習について勉強しています。特に、私は未成熟です」年齢は体力、精神力、記憶など多くのものを失いますが、この世界は心の衰えが終わるまで終わらないでしょう。エネルギーを失うとすべてが失われます。命は一連の遭遇です。私は人間の慈悲と恵みに心を開いていない限り、永遠に幸せになれることはありません。」(著者/ 和歌山の出会い 

    posted by: wakayama98 | - | 16:41 | comments(0) | - |